クリアファイルヘッダー
生分解クリアファイルタイトル
生分解クリアファイル・トップ詳細


生分解クリアファイルキャッチコピー

特長

★植物が主原料です。

 当社の生分解ファイル「グリーンファイル」の素材に使用している『エコロージュ」は、トウモロコシ等のデンプンからつくられたポリ乳酸を主原料としています。
エコロージュは、バイオマス(植物資源など)由来のプラスチックフィルムですので、廃棄されると自然界に還ります。

★水と二酸化炭素に還ります。

 バイオマスは、自然界の循環システムの中で、太陽エネルギーを使って植物が合成した資源です。バイオマス由来のエコロージュは、従来のプラスチックと同等の機能を持ち、使用後に土中や水中に埋めると、水と二酸化炭素に生分解され、そのまま自然界に還ります。

★資源循環型社会育成への期待

 バイオマスは、生命と太陽がある限り枯渇することがない資源です。このバイオマスにより、持続的に発展可能な循環型社会へのスムーズな移行が期待されています。
生分解クリアファイル リサイクルフロー

バイオマスとは

 生物資源(bio)の量(mass)を表す概念で、一般的には「再生可能な、生物由来の有機性資源で、化石資源を除いたもの」をバイオマスと呼んでいます。
バイオマス
 例えば、焚き火に使う薪などの木材資源もバイオマスですし、天然ゴムやオリーブオイルなどもバイオマスと呼んでよいでしょう。
 昔ばなしの桃太郎では、「お爺さんは山へ芝刈りに…」からはじまりますが、昔はエネルギー資源といえば、木や草などのバイオマスしかなかったのです。
 しかし、産業革命をもたらした石炭や石油・天然ガスの発見から、急速に文明が発達し、一方で手間のかかるバイオマスエネルギーは次第に利用されなくなってきたのでした。
 この非常に利用しやすいエネルギーである石油や石炭は、いつかはなくなってしまう限られた資源であり、便利さの反面、環境問題を引き起こす原因だとも言われています。

 バイオマスという言葉は新しいですが、人間は、太古の昔から薪や炭を燃料として利用してきました。今でも、発展途上国では炊事など日常のエネルギーの多くをバイオマスでまかなっています。バイオマスエネルギーは、太陽エネルギー、風力エネルギー、地熱エネルギー、潮力、波力、海洋温度差などと同じく、再生可能エネルギーと呼ばれています。
 また、エネルギー利用だけでなく、工業原料として利用される場合にもバイオマス資源という用語が使われます。
(※写真・イラストは(財)新エネルギー財団のホームページより転用いたしました)
燃料となるバイオマス(廃材)
燃料となるバイオマス(廃材)

バイオマスの種類

 バイオマスの種類は多岐に渡りますが、(1)廃棄物系のもの(2)未利用のもの、及び(3)資源作物(エネルギーや製品の製造を目的に栽培される植物)があります。
バイオマス分類イラスト
(1)廃棄物系
廃棄される紙、家畜排せつ物、食品廃棄物、建設発生木材、製材工場残材、黒液(パルプ工場廃液)、下水汚泥・し尿汚泥 等
(2)未利用のもの
稲わら・麦わら・もみ殻、林地残材(間伐材、被害木等)等
(3)エネルギー作物
さとうきびやトウモロコシなどの糖質系作物、ナタネなどの油糧作物


※イラストは(財)新エネルギー財団のホームページより引用いたしました。
 

カーボンニュートラル

 「木材を燃やしても大気中の二酸化炭素量は増えない」という原理です。これは、地球温暖化防止を考えるとき、最も基本となる考えといえます。
カーボン・ニュートラル
 カーボンとは炭素のことで、二酸化炭素の増減に影響を与えない性質のことをカーボンニュートラルと呼んでいます。
 木は地中の水、大気中の二酸化炭素を用いて、光を取り込んで光合成を行い育ってます。一方、木は朽ちると、水と二酸化炭素に分解されます。これらの作用はゆっくりとした時間をかけて行われるため、地球上の二酸化炭素量へ影響を与えませんでした。
 燃やした場合はどうなのでしょう。燃やすと、急激に二酸化炭素と水(水蒸気)へ分解され、室内などの狭い空間では一時的に二酸化炭素量が増えますが、地球環境で考えた場合には朽ちた時と変わりません。
 そうした考えが、カーボンニュートラルなのです。

<なぜ、二酸化炭素量が増加>

油田
 人類は、その歴史の中で、火を用いることで他の動物と異なる進化を遂げて、文化を持ち始めたと言われています。
 火は人類に欠かせないものでしたので、火を用い始めてから永遠に使ってきたものと思われます。こうして、木や草を燃やし続けてきた人類は、二酸化炭素量を増やすこともなく発展を遂げてきたのです。
 ところが、産業革命辺りから、産業や家庭の燃料として石炭や石油、いわゆる化石燃料を用いるようになりました。これから徐々に地球上の二酸化炭素量が増えていったようです。


※イラストは王子製紙のホ-ムページより引用いたしました。
 

では、化石燃料を燃やすと、なぜ、地球上の二酸化炭素量が増えるのでしょうか?

 石炭や石油は、ご存知のように地下に埋まった状態で存在します。その成分の多くが炭素、すなわちカーボンです。木のカーボンと違うのは、地中に長い時間封じ込められていて、地球表層部のカーボンではないということです。数千万年も古い時代のカーボンなわけです。
黒煙を上げる工場
 ですから、現在の地球表層とは縁のないカーボンといえるでしょう。ところが、ある日突然地中深くから取り出されて、「俺もカーボンとして加えろ、燃えた場合には二酸化炭素として新たにカウントしてくれ!」っていうわけです。
 赤の他人が割り込んでくるわけです。「予定いっぱいで地球が熱を出すかもしれん」と言っても割り込むわけです。
 何千年も前のカーボンをいきなり大量に、しかも、継続的に燃やして大気中へ二酸化炭素を増やし続けましたので、段々と目立つようになって、科学者が色々とおかしいということに気付き始めたのでした。それもつい先ごろのことです。


 〒130-0025   東京都墨田区千歳3-2-18

東京スカイツリー®関連グッズ

  1. 当社が制作している 東京スカイツリー®のグッズ>>> | グッズ一覧 | 14本ふせん…
  2. 東京スカイツリー ふせん
    東京スカイツリー® 正式グッズ貰ってうれしい。一押しの東京スカイツリー®14本ふせん …
  3. 東京スカイツリー ポストカード
    東京スカイツリー® 正式グッズ貰ったら楽しくなる一押しの東京スカイツリー®ポストカード …
  4. 東京スカイツリー ダイカットふせん
    東京スカイツリー® 正式グッズ [リニューアル] 東京スカイツリー®のグッズ>>> |…
  5. 東京スカイツリー クリアしおりウラ面
    東京スカイツリー® 正式グッズ [リニューアル] 東京スカイツリー®のグッズ>>> |…
  6. 東京スカイツリー スリムフォルダ
    東京スカイツリー® 正式グッズ [リニューアル] 東京スカイツリー®のグッズ>>> |…

コンプライアンス

  1. 《制定の意義・目的》  企業は、公正な競争を通じて利潤を追求するという経済的主体であると同時に、広…
  2.  当社は商業用広告印刷、ポスター印刷、DM宛名印字、名刺印刷、社員管理などの業務において、適…
  3.  当社は、個人情報の保護に関する法律(平成15年5月30日法律第57号)が定めている、あるいはJI…
  4.  私たちが生活する地球の環境問題への取り組みは人類共通の課題であり、企業活動に必須の要件…
  5. 本社、立川工場の両事業所が、日印産連の 「グリーンプリンティング認定制度」を更新しまし…

東京スカイツリー®のご紹介

http://www.tokyo-skytree.jp/


東京スカイツリー®の足元
(クリックすると拡大します)
ページ上部へ戻る